遺族だけでは手に負えない遺品整理は業者を利用しよう

蝋燭

式場での会話と女性の服

ろうそく

死に関することは聞かない

葬儀に参列する場合会話に関するマナーを知っているとイザという時に役に立ちます。大阪などで訃報を聞いたときは、「お辛いときにお電話をくださりありがとうございます。お悔やみ申し上げます」などと言います。また葬儀場において受付での挨拶では「お辛いときにお電話いただきありがとうございます、この度はご愁傷様でした」などが適しています。そして遺族に会った場合などは「この度は、ご愁傷様です」、または「お悔やみ申し上げます」が多く使われています。遺族は家族の急な死によって悲しんでいるため会話も少なくして、慰めの言葉か体をいたわる言葉などを掛けるようにします。また気になっても故人の死に関することなど亡くなった前後のことを聞くのは、遺族の悲しみを増幅させてしまうので避けることです。これらが大阪などで葬儀に参列するときの会話のマナーです。

派手なものは避ける

大阪などの葬儀に参列するとき服装は女性のほうが男性より決まり事が多くなっています。通夜のときは急な知らせで駆けつけるという意味もありますが、一般的には葬儀告別式と同じようにブラックフォーマルを着ていきます。間に合わないときは地味な色の紺かグレーのスーツもしくはワンピースが良く、黒無地のブラウス、スカートでも大丈夫です。葬儀告別式ではブラックフォーマルが基本となります。ストッキングの場合通夜では肌色を着用しても大丈夫ですが、なるべく靴と合わせて黒が良いです。バッグなどは派手な光沢やエナメルの素材を避けて、目立つ金具や革製品、ショルダーバッグなども控えることです。アクセサリーではパールのネックレスやイヤリングのみにして、爪や髪型なども派手なネイルやつけ爪、髪留めなども止めたほうがよいです。これらが大阪などで女性が葬儀に参列するときの服装の決まり事になります。